ウィンドウトリートメントの種類

初めて行ったうちでテーブルで待たされ、周囲を見回した時、大抵の人は
よほどの事がない限り、窓に目が行くと思います。窓から見える景色や
窓周りの小物、取り付けられているカーテンなどで、主張はないものの
潜在的な個性が現れる部分でもあります。このカテゴリーではそんな
窓周りに関することを紹介、説明しています。

左右開閉式

もっとも一般的な窓周りアイテム。間口にある程度の広さがある引き違い窓や、
人の出入りするテラス窓や掃き出し窓等に向いています。逆に小窓や縦長過ぎる窓には
向いていません。

タイプによっては間仕切りにも使用されることがあります。

カーテン

布地をレールに吊り下げる一もっとも普及しているタイプ。
汎用性が高い。

縦型ブラインド

羽の角度を調節して、左右方向からの直射光や視線をカットしつつ、必要な採光や
通風をすることが出来ます。モダンテイストな部屋に似合います。

パネルスクリーン

2~7枚の縦長の生地をレールに吊り下げ、左右にスライドして開閉するタイプ。
中央から左右にスライドする両開きタイプと、一方向にスライドする片開き
タイプがあります。

上下開閉式(折りたたみ)

上部に巻き上げるタイプ。長さを調節出来るので、小窓や縦長窓に向いていますが、
人が頻繁に出入りするような場所には向きません。

横型ブラインド

羽の角度を調節して、上下方向からの直射光や視線をカットしつつ、必要な採光や
通風をすることが出来ます。縦型に比べて、素材が豊富なので、様々なスタイルの
部屋にあわせやすいです。

ローマンシェード

1枚の生地をたたみ上げていくタイプ。色々なスタイルがあり、スタイルによって
ひだの出来かたが違うので、部屋のイメージに合わせて。

プリーツスクリーン

1枚の生地を水平方向のプリーツ状に加工して、上下に開閉するタイプ。
和紙のタイプもあり、和風洋風ともに合わせられます。

上下開閉式(巻き上げ)

上部に巻き上げるタイプ。長さを調節出来るので、小窓や縦長窓に向いていますが、
人が頻繁に出入りするような場所には向きません。

収納スペースを隠したり、間仕切りとして使えるタイプが多いです。また、
すだれはガーデニングなどに使って、植物と組み合わせることで、
涼しさを演出する方も多いようです。

ロールスクリーン

1枚の布をロール状に巻き上げるタイプ。長さを調節できるので、
採光を調整することが可能。プリーツやドレープがないので、他の
タイプに比べて、シンプルですっきりとした印象になります。

すだれ

和風、アジアンなイメージが強いですが、最近は現代風のインテリアに合わせることも
あるようです。遮光効果は高くないですが、その代わりに通風性が高く、
涼しげな印象を与えます。

固定式

固定式のほとんどは装飾や目隠し目的に設置されます。
そのため、機能性は犠牲にしているので、部屋のイメージを強調したり、
目隠しと割り切って選ぶ方がいいでしょう。

タペストリーはタイプによって間仕切りに使えるものもあります。

カフェカーテン

窓の一部を開けておき、目線に当たる部分を重点的に隠すタイプ。
ポールにリングで吊るすものが多い。

クロスオーバースタイル

2枚の布を中央部分で重なるように左右に固定したタイプ。
装飾性が高く、遮光性、防音、保温効果が高い。

タペストリー

窓を布1枚で覆うタイプ。開閉出来ない窓や、採光や通風の必要ない窓向き。
基本的には装飾や目隠し用。

カーテンの種類

タイトルとURLをコピーしました