照明

照明の基礎知識


  • 光の種類

  • 照明方式
  • 主照明と補助照明

照明の選び方


  • 照明の選び方

照明器具の種類

シーリングライト

ここ十年くらいで一気に浸透した感のある天井に直付けするタイプの照明器具。
比較的汎用性の高い器具で、玄関、リビング、寝室など大抵の空間に合わせれます。
また、リモコンタイプもあるので、寝室では重宝します。
難点は天井に傾斜があると隙間が出来てしまうのと、隙間があると虫が入ってしまい、
掃除が面倒というところ。

ペンダントライト

シーリングライトの直付けタイプに対して、吊り下げるタイプ。
よく和室にあるぶら下がってるのとかもコレですね。
安価で手入れも楽だし、シャンデリアほど派手ではないですが、
ちょっとした装飾がしてある和風な物もあるので、アジアン
テイストな部屋を目指すなら必須だと思います。

ダウンライト

天井に埋め込むタイプの小型の照明。天井に埋め込むため、天井がフラットになるというメリットがありますが、照射範囲が狭いので、玄関などの狭い空間向きです。

リビングや店舗などで複数設置している場合もありますが、非効率的なので、間接照明で補ったりの工夫が必要になります。

また、天井に埋め込む都合上、過熱による火災を防ぐため、ダウンライト内部のまわりには空間を確保する必要があります。

断熱施工に対応する器具はブローイング工法、マット敷工法の天井に対応でき、これをS形ダウンライトと呼び、SB形、SG形、SGI形に分かれます。

  • SB形 ブローイング工法、マット敷工法に対応
  • SG形 マット敷工法に対応(北海道では使用出来ないようです)
  • SGI形 マット敷工法に対応(全地域使用可能)

断熱施工に対応していないダウンライトはM型(または一般型)と呼ばれ、断熱施工の住宅では使用出来ません。住宅以外で施工する場合は、器具と断熱材又は防音材との間に一定の離隔をとる必要があります。

一部のダウンライトはサーマルプロテクタを内蔵していて、なんらかの理由で器具の温度が異常に高くなった場合は自動的に電源を遮断して消灯し、温度が下がると再び点灯する機能がついているものもあります。

ダウンライトの種類

  • ウォールウォーシャー:壁を照らす
  • グレアカットダウンライト:人の視界に不快な光(グレア)が入らないようになっており、まぶしさを抑える
  • 傾斜天井用ダウンライト:傾斜している天井に取付可能のもの
  • 高気密ダウンライト:気密性が高く、断熱、遮音に効果がある
  • 直付ダウンライト:埋め込まず天井に直付するダウンライト
  • バッフルタイプ:ダウンライトの鏡面に縞状の段が入っており、光を拡散させてまぶしさを防止する
  • ユニバーサル:ランプ部分が可動式になっており、光の方向を自由に変える事ができる
シャンデリア

シャンデリア(chandelier)とは灯火を支持するための2本以上の腕木を有し、天井からつり下げられた照明器具。

現代のシャンデリアは装飾性が高く、多くの光源を複雑に配置されたカットガラスを多数配列することで、バリエーション豊かな雰囲気を作り出してくれ、特にヨーロッパ風の高級な雰囲気や、モダンな雰囲気を作りだすのに向いています。

ただ、天井から吊り下げることになるため、震動の多いトラックが良く通る道路付近や、工事の多い地域には向いておらず、設備が複雑なことから、手入れに手間がかかるというデメリットがあります。

また、シャンデリアは構造的に他の天井吊り下げ式照明器具よりも非常に重たいため、通常は天井から鎖などで吊り下げるか、あらかじめ天井に設置されている引掛シーリング・ローゼットに直接取り付けるのですが、シャンデリアの設置を想定していない建物に後付けする場合は大規模な改修工事が必要となることもあります。

装飾性が強いので、ヨーロッパ風の高級な雰囲気や、モダンな雰囲気を作りだすのに向いています。ただ、吊り下げるか天井に直付けするしかないのと、手入れに手間がかかるというデメリットがあります。

ブラケットライト

壁につけるタイプの照明器具。玄関口やホテルのベッド付近、
天井の照明が少ない飲食店などにあるので、見かける機会も
多いんじゃないかと思います。

基本的には補助照明なので、隠れ家のような雰囲気の演出や、
常夜灯には向きますが、メインの照明としては厳しいです。

電灯の色や、器具の形によってアクセントがつけられるので、
殺風景な部屋にアクセントをつけたいときや、目立たせたいものの
周辺に設置するのも面白いですね。

スタンド

基本的には立てるタイプなら卓上でも、床置きでもスタンドと呼ばれます。
移動出来る反面、電源が必要なため、コンセントが少ない家庭では
使いづらいという面も。

部屋の照明が一つしかつけられない場合は、かなり有効な補助照明に
なります。

スポットライト

使い方としては、何かに直接光を当てたり、壁などに当て、間接的な
照明として使うのが一般的です。直接強い光を発するため、
直接目に入らないような工夫が必要です。

フットライト

階段や廊下などの足元に設置する照明器具。全体的に暗い空間や、スイッチが片方にしかない階段にはあると便利です。寝室の常夜灯として勧められることもあります。ただ、埋め込み式でないと邪魔になるため、賃貸や工事が難しい家屋では難しいかもしれません。

エクステリアライト

よく住宅地などを歩いてると、突然電気がつくことがありますよね。
家の外周に設置する照明器具の総称です。ちなみに人などが近づくと
つくのは省エネタイプで、普通に点灯しておくタイプもあります。
玄関や駐車場などの防犯向きな他、暗くて鍵が開けづらい家や、
足元が危ない家の補助照明としてあると便利です。

LEDライト

ファブリックシェード

冬の間の部屋は暖かさ重視で、割と暗めの印象になっていませんか?
これからの暖かい季節に向け、明るめの家具を配置しましょう。
ファブリックシェードとは布で出来たカサのことで、バリエーションも豊富。
部屋の雰囲気に合わせるのも難しくないため、ちょっとしたイメージチェンジにも
オススメです。

タイトルとURLをコピーしました