【ウォータードリップでのコーヒーの淹れ方】

ウォータードリップの特徴

オランダ人が考案したため、ダッチコーヒーとも呼ばれる水で
抽出する方法。お湯で抽出するよりも比較的すっきりとした
味になります。

ちゃんと抽出するのに数時間かかるため、すぐに作って
飲むというわけにはいきませんが、溜め置きが出来るので
出勤前にドリップし始めて、帰ってきたら飲むなどには
いいでしょう。

また、抽出後は温めてホットとして飲むことも出来ますが、
その場合は直火で急激に温めると酸化してしまうので、
湯せんで温めてください。

コーヒーリキュールもある意味水出しコーヒーの
一種といえるかもしれません。

ウォータードリップでのコーヒーの淹れ方

  1. 人数分のコーヒー粉をフィルターに入れる
  2. タンク、ドリッパー、フィルター、ビーカーの順にセットする
  3. タンクに水を注ぎ、調節コックを開く。
  4. 抽出には数時間かかるので、途中でドリップ量を調整してください。

最近はボトルに入れるだけの水出しコーヒーをウォータードリップとして
販売している場合もあります。冷蔵庫内などで作り置きしたい方や、
調節するのが難しいという方は、味が均一にならない可能性もありますが、
そちらの方が便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です