【サイフォンでのコーヒーの淹れ方】

サイフォンの特徴

香りを引き出すのには最良の抽出方法。
ただ、一般家庭で使うには手入れや扱いが難しすぎる上、
味が平坦になりがちなため、視覚的な雰囲気作りで
終わってしまうことが多いでしょう。

昔は個人経営のカフェで見られましたが、最近は
エスプレッソマシンが主なため、ほとんど見られなく
なりました。

高難度なので、うちで飲む方には勧めません。

サイフォンでのコーヒーの淹れ方

  1. フラスコに杯数分のお湯を入れ、乾いたふきんで外側についた水滴をよく拭いてからアルコールランプで沸かします。
  2. ロートにフィルター(濾過器に布フィルターを付けたにもの)をセットして、スプリングの先の留め金をロートの管の先端部にかけて、濾過器が正しく固定 されているかを確かめます。
  3. ロートに杯数分のコーヒーを入れます。
  4. フラスコのお湯が完全に沸騰したらいったん火から離し、お湯を静めてから静かにロートを差し込みます。
  5. 再び火にかけてフラスコのお湯がロートに上昇してきたら、完全に上がりきってしまう直前に、竹べらでコーヒー粉をほぐすように5~6回かきまぜ、30~45秒間そのままにして抽出されるのをまちます。
  6. 火を消し、もう一度ロートの中を軽くかきまぜ、ロートの中のコーヒー液がフラスコに降りるのを待ちます。完全に落ちきったら出来上がりです。上のロートをはずして、カップに注ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です