【パーコレーターでのコーヒーの淹れ方】

パーコレーターの特徴

ポット内のバスケットにコーヒー粉を入れて、沸かすだけの抽出方法で、
アウトドアや短時間で淹れたい時に便利です。

ペーパーフィルターがいらず、洗浄等の管理が簡単な反面、覗き窓から見える色で
抽出度合いを確かめるしかないため、毎回同じ味を出すのは困難です。
逆に毎回違う味を楽しむコーヒーの抽出法といえるかもしれません。

ただ、常にコーヒー粉とお湯が触れている状態になってしまうので、
沸騰させ続けたり、放置すると悪い影響が出てしまいます。
なるべく飲むだけの量を淹れるようにしましょう。

ちなみに日本と欧米では『Coffee parcolator』の意味が違い、欧米の場合はエスプレッソの加圧抽出器も含むそうです。

パーコレーターでのコーヒーの淹れ方

  1. ポットの中からバスケットを取り出し、杯数分のコーヒー粉を入れ、中ぶたをかぶせておきます。
    専用ポットに杯数分のお湯を沸騰させます。

  2. お湯が沸騰したら、一度火からおろしてコーヒーの入ったバスケットをセットします。
  3. 弱火にかけて抽出します。

パーコレーター用ポット



ASトールパーコレーター(オフホワイト) 【アントステラ】



野田琺瑯 パーコレーター



CORY パーコレーター&マグカップ4個セット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です