【ペーパードリップでのコーヒーの淹れ方】

ペーパードリップの特徴

家庭で淹れるにはもっとも一般的な淹れ方で、紙製のフィルターにコーヒーの粉末を入れ、
ドリップする抽出方法です。よく家電として売られている家庭用コーヒーメーカーの
多くは、この抽出方法ですね。

手作業で淹れる場合に必要な器具も、極端な話をすればドリッパー、ペーパーフィルターだけ
(※サーバー、ポット、メジャースプーンがあると便利です)と経済的です。

また、意外と知られていないのですが、ペーパーフィルターにはサイズ以外にも種類があり、
目が詰まり気味のレギュラータイプと、目があまり詰まっていないヨーロピアンタイプが
あります。通常、家庭で淹れる場合はレギュラータイプで問題ないのですが、自宅で
焙煎から行うような場合はレギュラータイプだと苦味が出てしまうので、
ヨーロピアンタイプの方が適しています。

ペーパードリップでのコーヒーの淹れ方

  1. ペーパーフィルターの折りしろを折り、底の部分を指でつぶします。
  2. サーバーにドリッパーをセットします。
  3. そのフィルターをドリッパーにセットし、コーヒーの粉末を入れます。
    また、その際、フィルターとドリッパーに隙間が出来ないよう、きっちりと
    フィルターをドリッパーに押し付けてください。

  4. 粉の量は一杯分10g、あとは一杯増える毎に8g程度ずつ足してください。
    入れたら、ドリッパーを軽く揺らして、表面を平に均してください。

  5. 始めはゆっくりと3~4cm程度の高さから、ドリッパーの中心付近に
    お湯を注ぎます。

  6. しばらく注いでいると、粉が膨らんでくるので、少しの間、注ぐのを
    止めます。この【蒸らし】をすることで、抽出がしやすくなります。
    古いコーヒーを使うと、膨らむどころか、陥没することすらあります。

  7. 20~30秒、【蒸らし】をしたら、今度は全体的に『の』の字を
    描くように注いでください。

  8. お湯が完全に落ちきる手前で再度お湯を注ぎます。この際、お湯は満遍なく
    注ぎますが、粉の外周部にはお湯を注がないようにしましょう。壁の役割を
    してくれている濾過層が崩れてしまい、コーヒーが上手く抽出されなくなります。

  9. ほとんどの成分は3回目までの抽出で出てしまうため、4回目以降は
    濃度の調整になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です