【ネルドリップでのコーヒーの淹れ方】

ネルドリップの特徴

ドリップ式の元祖とも言える抽出法で、抽出方法の
シンプルさはペーパードリップと同じですが、
難易度は高いと言われています。


ペーパードリップとの違い

よくペーパードリップとの違いを比較される
ネルドリップですが、大きな違いはフィルターだけ。
にもかかわらず、味がまるで違うのは抽出
される成分の違いだと思います。実際は
フィルターの素材と支えとなるドリッパーが
あるかですが。

ペーパーフィルターはコーヒーの旨み成分でもある
油分もろ過してしまうため、スッキリとした味わいには
なりますが、人によっては物足りなく感じるでしょう。

その点、ネルは油分をわずかながら抽出するため、
まろやかな味わいを与えてくれるのです。

そのわずかな違いがペーパーフィルターとネルを
まったく異なるものにしているのでしょう。


ネルの手入れ

ネルドリップの難易度を高めているのは、確かに
蒸らしや絞りなど経験が必要な部分もありますが、
いぬすけとしては日常の手入れの差の方が大きいように
思います。

ペーパードリップは毎回フィルターを捨ててしまうため、
手入れの必要がありません。しかし、ネルは使いまわすため、
きちんと洗えていないと以前抽出したカスが目詰まりして
いたり、においが染みついてしまいます。

また、初回に関しては糊を取るため、揉み出しをする必要もあります。

そこで手を抜いてしまうと、うまく抽出できなかったり、
においがおかしくなってしまいます。

よく誤解をされがちなのですが、使用したネルは洗浄後、陰干し
などをして乾かすのではなく、きれいな水につけておくように
してください。

たまに冷蔵庫に入れっぱなしにするとカビが生えるとか、
洗って天日で乾かせば毎日水を代えなくても済むような
ことを説明しているサイトもありますが、基本的にそういう
手間を面倒だと感じる方は日常的にネルドリップ式で淹れるのに
向いていないので、ペーパードリップにしておいた方が
良いです。

油分が入っているのを飲んでみたいだけなら、ネルを使いまわさず、
捨ててしまう方が良いと思います。

ネルドリップでのコーヒーの淹れ方

  1. ネルは内、外ともに流水できれいに洗ってください。新品をおろす場合は、煮沸消毒をしてから使いましょう。
    洗い終えたネルは袋の先を持って、水気を切ってください。

  2. ネルにコーヒーの粉末を入れ、表面を慣らした後、中央にくぼみを作ります。
  3. くぼみにポットの口を近づけ、コーヒーの粉末が浸るくらいまで、ゆっくりと注ぎます。
  4. 粉全体が湯に馴染むように、注ぐお湯の量を平均に保ちながら、『の』の字を書くように注ぎます。
    この際、粉末の外輪部分は壁の役割をしているので、お湯を注いで崩さないように気をつけてください。

  5. 全体にお湯が回ったら、20~30秒置き、蒸らします。
  6. 2回目以降は杯数分のお湯を真ん中から円を描くように静かに注ぎます。
    表面にできた泡の山が消えないうちに次のお湯を注ぐようにしましょう。

  7. コーヒー液がサーバーに落ちきったら抽出完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です