【直火式エスプレッソでのコーヒーの淹れ方】

直火式エスプレッソの特徴

エスプレッソとは、イタリア語で急行という意味で、一般ではモカと呼ばれるものです。
一気に沸騰させることで蒸気がフィルターを通り、下部のフラスコから、上部の
ポットに噴出する構造になっています。

エスプレッソマシンほど瞬時ではありませんが、名前の通り、急速で抽出するため、
深煎りの豆を細挽きにして使います。

また、カフェオレなどのミルクを入れる飲み物や、カクテルなどでエスプレッソを
使うことが多いので、使えるようになっておくとレパートリーのバリエーションが
広がりますよ。

直火式エスプレッソでのコーヒーの淹れ方

  1. 下部ポットに、杯数分のお湯をいれます。
  2. エスプレッソメーカーの内側には、コーヒー粉をセットする「バスケット」が入っていますので、これに杯数分のコーヒーを入れ、上から押し固めます。
  3. 下部ポットに、上部のポットを蒸気がもれないように固く、しっかりとセットしたら火にかけます。下部ポットのお湯が沸騰し、上部ポットに押し上げられて、下部が空になったら抽出完了です。火からおろします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です