【抽出方法の種類と器具】

ペーパードリップについて

手頃な価格のコーヒーメーカーとしては、もっとも一般的な抽出方法の器具。最近はペーパーレスが普及してきたため、減少気味。

ネルドリップについて

難易度以上に手入れが面倒なため、広く普及しなかったため、
すでに入手が難しく、ネットですらハリオ製のものくらいしか
見かけづらくなっています。

ウォータードリップについて

水出しコーヒー、ダッチコーヒーと呼ばれる水で抽出する方法で、時間はかかりますが、すっきりした
味が楽しめます。

サイフォンについて

扱い、手入れともに難易度が高く、初心者には不向き。ただのインテリアになりかねません。
ただ、慣れると香りを引き出すには最高の抽出方法。

直火式エスプレッソ

短時間で抽出するのに適した方法で、ドリンクのレシピに使われることが
多いため、レパートリーを増やしたい人にオススメ。

エスプレッソマシンについて

誰でもコクがあって、香りの強いコーヒーを淹れられる機械。
多少、根が張りますが、うちカフェを楽しんだり、小さいカフェを
作るなら、充分選択肢に入ります。特にデロンギ製とか。

パーコレーターについて

ポットにコーヒー粉を入れて沸かすだけの抽出方法。
ただ、コーヒーが抽出され続ける状態になるため、
飲みきる分以外を淹れるには不向きです。

イブリックについて

トルココーヒー(ターキッシュコーヒー)を淹れるためのひしゃく型の器具で、
別名ジャズベとも呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です