【ブルーマウンテン】

ブルーマウンテンはジャマイカ産のコーヒーで、ブルーマウンテン山脈の標高800~1200mの限られた地域で栽培されたものだけが名乗れる希少なコーヒー豆。

豆の品種としては、他のジャマイカ産の豆と同じですが、過酷な環境で栽培され、厳密な検査により選別されることで品質は驚くほど高い。

また、ストレートの状態で味の調和のよくとれている最高級品と言われていて、香りが非常に高く、繊細な味が特徴となっています。

ただし、本来なら前述の通り、標高800~1200mで栽培されているものしかブルーマウンテンを名乗ることが出来ないのですが、
日本に輸入されているものの中には標高800m以下のものが多く含まれています。

現実的な問題として、正規の輸入量に対して3倍以上が流通されているというありえない状況になっているようです。

もっとも、本来の意味でのブルーマウンテンはあまりにも高額過ぎるため、一般流通用に似たような風味の標高800m以下のものが
ブルーマウンテンとして安価で流通するのは仕方がないのかもしれません。

うちカフェで楽しむ分にはそういった安価なブルーマウンテンでも充分に楽しめると思いますが、開業する場合等は本来のブルーマウンテンなのか、
そうでないのかで全然意味が変わってくるので気をつけてください。

また、ブレンドの場合、必ずブレンド比率を記載しているわけではないため、比率が一番少ないにも関わらず、ブルーマウンテンブレンドと
名づけている性質の悪いショップもあるようなので、お店選びは慎重に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です