【風味で選ぶコーヒー豆】

下記のリストは一般的に認識されているものです。

コーヒー豆は焙煎が雑だったり、酸化してしまっていたり、抽出する湯温によっても風味が変わるため、
淹れ方等によって一般的な風味とは違う印象を受けるかもしれません。

抽出は通常80~90℃の湯で行われますが、その中でも低温だと酸味が強く、高温だと苦味が強くなります。

経年劣化で古くなった豆は高温でないと薄くなってしまうため、苦い風味が苦手な場合は古い豆は諦めて処分するしかないでしょう。

酸味の多い豆

モカ
コロンビア
グァテマラ
キリマンジャロ
ジンバブエ
コスタリカ
ケニア

甘味の多い豆

モカ
コロンビア
グァテマラ
メキシコ
ブルーマウンテン
ケニア

中性的な味の豆

ブラジル・サントス
サルバドル
ホンジュラス
キューバ

苦みの強い豆

ジャワロブスタ
マンデリン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です