【コーヒー豆の選び方】

生産地によるコーヒーの銘柄
アフリカ

キリマンジャロ(タンザニア)
強い酸味とコクが特長。’野性味あふれる’と評されることが多い。キボーKiboという産地が有名
ケニア
日本ではあまり知られていないが、品質はタンザニアに勝るとも劣らない。
モカ(エチオピア)
モカコーヒーと呼ばれている物の大半はエチオピア産である。シダモ、ハラー、ディマ抔の産地がある。
ジンバブウェ
マラウィ
ブルンディ
ザンビア
ウガンダ

アジア

トラジャ
カロシとも言う。インドネシアのスラウェシ島産。苦み中心の味で、非常に濃厚なこくを持つ。酸味は無い。
マンデリン(インドネシア)
スマトラ島産。苦味とこくを中心とした味わい。ブルーマウンテンが現われるまでは世界一と評されていた逸品。リントンやトバコなどの産地が有名。
ジャワ
ジャワと言えば、苦みの強いロブスタで、主にブレンド用などに使われている。
雲南(ゆんなん)
中国産。

モカ(イエメン)
独特の強い酸味を持ち、甘みとこくが加わる。また、香気に優れる。熱狂的なファンが多いと言われる。
中華人民共和国
主に雲南(ゆんなん)省で作られている。
インド
「プランテーション」という銘柄が有名。
パプア・ニューギニア
東ティモール
ベトナム
今世紀になってから、コロンビアを抜きブラジルに次ぐ世界第2位のコーヒー生産国になっている。現在は加工用のロブスタ種が生産の中心だが、アラビカ種も作られ始めている。
イエメン
コーヒー発祥の地といわれる。モカ・マタリは「コーヒー・ルンバ」にも歌い込まれているもっとも有名な銘柄である。

アメリカ合衆国

コナ(ハワイ島)
非常に強い酸味を持つ。ブレンドに用いると良質な酸味が与えられると言われる。ブルーマウンテンに次ぐ高価な豆で、偽物も多い。高価な理由は、希少価値というよりも、コーヒー豆の原産国のうち、唯一先進国のため、人件費・土地代などの費用が高いためと言われている。高価なため、基本的にはブレンドされているので、配合比率を確認することをお奨めする。 ハワイではこのほかに、カウアイ島やマウイ島でもコーヒーが作られている。

中央アメリカ

メキシコ
グアテマラ/グァテマラ
酸味とこくを中心とした味わい。
サルバドル(エル・サルバドル)
ホンジュラス
ニカラグア
コスタ・リカコスタリカ
パナマ

南アメリカ

ブラジル
酸味と苦みのバランスが良い。世界一のコーヒー産地。No.2が最高級品で、欠点豆は300g(約2千粒)あたり4個以内と規定されている。
コロンビア
酸味と甘味を中心とした味わい。最高級品はスプレモSupremoを名乗る豆である。
ベネスエラ
かつてはコーヒーの大産地だったが、1910年代にマラカイボ湖で油田が発見されるとコーヒー生産は廃れた。
ペルー
ボリビア

カリブ海諸国

ブルーマウンテン
ジャマイカ産。卓越した香気を持ち、調和の取れた味わい。最高級の品質と呼ばれる。
キューバ
クリスタルマウンテンは、上品な香りとバランスのとれた味わいで、高級な豆の一つである。
ドミニカ共和国
カリブ海には、ドミニカを名乗る国が二つあるが、エスパニョーラ島東部を占める国である。
ハイチ
独立後、サトウキビのプランテーションが打ち棄てられると、唯一外貨を獲得できる商品はコーヒーとなった。ハイチ・コーヒーは紛れもなく高級品である。

風味で選ぶコーヒー豆

下記のリストは一般的に認識されているものです。

コーヒー豆は焙煎が雑だったり、酸化してしまっていたり、抽出する湯温によっても風味が変わるため、
淹れ方等によって一般的な風味とは違う印象を受けるかもしれません。

抽出は通常80~90℃の湯で行われますが、その中でも低温だと酸味が強く、高温だと苦味が強くなります。

経年劣化で古くなった豆は高温でないと薄くなってしまうため、苦い風味が苦手な場合は古い豆は諦めて処分するしかないでしょう。

酸味の多い豆

モカ
コロンビア
グァテマラ
キリマンジャロ
ジンバブエ
コスタリカ
ケニア

甘味の多い豆

モカ
コロンビア
グァテマラ
メキシコ
ブルーマウンテン
ケニア

中性的な味の豆

ブラジル・サントス
サルバドル
ホンジュラス
キューバ

苦みの強い豆

ジャワロブスタ
マンデリン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です