【コーヒー豆の保存方法】

コーヒー豆を長持ちさせるには、温度、湿度、酸素、直射日光に気をつけなくてはなりません。
特に気をつけないといけないのは酸素で、コーヒー豆が酸素に触れると酸化が始まり、
香りも味も格段に落ちてしまいます。

それを防ぐには密閉された容器に入れ、空気から遮断するしかありません。
一般に販売されているコーヒー豆は、大体缶入りか、密封パック、紙パックに入っているかと思います。
缶入りなら蓋をきっちりと閉め、密封式の袋の場合は空気が出来るだけ入らないように
してください。
もし、紙パックや密閉出来ない容器や袋のもの、挽き売りされているものの場合は密閉容器に移し替えて、
空気に触れないようにしてください。ただし、缶や瓶でも豆をが減ると、相対的に中身の空気が増えるので、
酸化が進むので気をつけてください。

密閉ができたら、冷所暗所に置いて保存します。短期間の保存なら冷蔵庫、3週間以上の
保存の場合は冷凍庫で保存するといいでしょう。ただ、冷蔵庫や冷凍庫で保存した場合は、
使う前に使う分だけを常温に戻すようにしてください。出してすぐに抽出すると、
味や香りが劣化する場合があります。

また、コーヒーは吸香性が非常に高いので、強い臭いのあるものと一緒においておくと、臭いが
移ります。臭いの強いものと一緒に保管しないようにしましょう。

ちなみに未開封状態での賞味期限は、缶入りで18ヶ月、瓶入り、フィルム袋入りの豆で1年、
フィルム袋入りでも挽き売りのものは9ヶ月、開封後は豆で1ヶ月、粉の場合は1週間程度を
目安にしてください。

期限が切れた豆や粉は、肥料にしたり、臭い消しに使うといいでしょう。特にオムツなどの
臭い消しにゴミ箱の蓋につけたり、灰皿に入れておくといいのですが、臭い消しの場合は
ペーパーフィルターにくるむなどして、乾燥させてください。生のままだとカビてしまったり、
逆にコーヒーが臭いの発生源になってしまうので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です