ascaso(アスカソ)カタログ

現在のエスプレッソマシンの原型を作ったと言われているイタリアのエスプレッソマシンメーカーのGaggia Espanola(ガジア)で働いていた Jesus Ascaso。

そのJesus Ascasoが創業したascaso(アスカソ)は、コーヒーメーカーのスペアパーツメーカーで始まり、コーヒーメーカーを開発すると、 Innova (イノーバ)というブランド名で販売。瞬く間に世界50ヶ国以上で評価を受けます。そして、ブランド名を創業者のascaso(アスカソ)に変更して、現在に至ります。

そんなスペアパーツメーカーを経てきたascaso(アスカソ)だからこそ、耐久性も高さも保障されているので、多少値が張るように感じても、愛用している人が多くいます。

特に自宅でコーヒーを楽しむという意味でのうちカフェでは高いかもしれませんが、自宅をカフェとして営業するという意味でのうちカフェでも、日に20~30杯程度であれば対応出来るため、インテリアにこだわるタイプや、コンセプト優先のカフェならオススメです。


《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です